グランジ系フリーフォント31選(その2)

2011年07月29日
 

今回も引き続き、グランジ系のフリーフォントを紹介していきます。

6.The Last Soundtrack
骸骨をデザインに取りこんだフォントです。ホラーのようなおどろおどろしい雰囲気があります。
The Last Soundtrack

続きを読む "グランジ系フリーフォント31選(その2)" »



スポンサードリンク

グランジ系フリーフォント31選(その1)

2011年07月27日
 

グランジとは「汚れた」「薄汚い」を表す英語です。
今日のデザイン界において、グランジ系のフォントは高い人気があります。

グランジ系のデザインは従来のすっきりとしたデザインとは違い、インク汚れや砂汚れ、かすれや塗装剥げといった、本来ならばマイナスイメージとなる要素をデザインとして取り込んでいます。
そういった新しい試みは、新しいデザイン要素とタイポグラフィの組み合わせによって新たな魅力を持った創造的な作品を生み出します。

グランジ系フォントは、ファンシー系タイポグラフィや形式的なフォントからは離れたスタイルから成り立っています。
グランジ系フォントを使ったことがないクリエイターにとって、グランジフォントの利用は大きな価値があると思います。

今回は、質感が感じられやすいものや摩耗表現が優れているものを中心に集めました。 これらのグランジ系フォントを使い、独自でユニークなロゴやウェブやグラフィックをデザインしましょう。

1. Epoxy History
アスファルト上に描かれた記号や標識の塗料が削れたような雰囲気のフォントです。文字によっては大胆に塗料がはみ出したり削れたりしていてパワフルです。
Epoxy History

続きを読む "グランジ系フリーフォント31選(その1)" »



スポンサードリンク
1  2  3  4  5  6