ウェブサイト(レスポンシブWebデザイン)

2015年01月09日
 

最近の売れ筋はれスポンシブデザインHTMLテンプレートです。

HTMLテンプレートでは標準のタイプです。

ファイルシンプルにHTMLファイルとPSDと編集しやすい内容です。

最近はレスポンシブのテンプレートが人気です

SEO評価にもつながるレスポンシブデザインテンプレートを使ってはいかがでしょうか?


livedemo00.template-help.com 2014-9-5 21 23 47.png

商品はコチラ




スポンサードリンク

モバイルサイト構築に役立つHTML5フレームワーク5選

2011年12月07日
 

企業のモバイルサイトはどうやって作成したら良いのでしょうか?


モバイル機器の利用が広がり続けていることを受け、企業サイトをモバイルプラットフォーム用に拡張する必要性が強まってきています。また一方で、モバイルアプリケーションやWebサイトのクロスプラットフォームインタフェースを意識する必要性が高まってきています。

モバイルと一言に言っても、iPad、iPhone、BlackBerry、Androidなど多くのシチュエーションが考えられます。

ほとんどの企業は既に、企業サイトへ投資をしています。HTML5やJavaScriptを利用したクロスプラットフォームのアプローチを取る場合でも、モバイル開発には、それほど大きな飛躍が必要とはならないはずです。

企業がモバイルアプリ開発に臨む場合は、その本質を押さえる必要があります。「モバイル開発は、既存のビジネスプロセスを新たなデバイスに持ち込んでいるだけなのだ」ということを忘れてはいけません。

誰もが新しい技術自体に魅せられてしまうのですが、ビジネスプロセスを効率的にできないのであれば、あるいは他社との差別化ができないのであれば、投資収益率を上げることはできないであろうと思います。

だからこそフレームワークを使えばゼロから作らずに、効率的にWEBサイトを作ることができます。

モバイルウェブサイトのアプリケーションを作るために、モバイルの開発用のHTML5フレームワークはあなたの重要な手助けになるだろうと思います。

これから紹介するフレームワークを使って、あなたもアプリを作ってみませんか?

1.Ripple
Google Chrome拡張の「Ripple」です。「Ripple」はマルチプラットフォームでのモバイルテストやデバッグを行う際に大変役立ちます。「Ripple」の一部である位置情報モジュールは、位置情報に関わるアプリケーションのテストに必要となります。また、Javascriptのデバッグやテストにも役立ちます。

Ripple



続きを読む "モバイルサイト構築に役立つHTML5フレームワーク5選" »



スポンサードリンク